OFFICIAL WEB SITE 開設しました。



こんばんは。吉屋 真です。






今、机に向かって第一号の記事を書いています。


何事も一歩目というものは緊張してしまいますね。





待ち合わせ場所に早く着いて


「はて、第一声に何を言おう。」


と考えている時のような気分です。





僕はかなりの緊張しいで考え過ぎてしまう癖があるので、


その時間は大変なそわそわタイムとなる訳です。





隣の女性のバニラの香り。


しばらくぶりに再開した旧友らしき二人組。


サラリーマンの通話音。





俗に言う”待ち合わせスポット”という場所は


集中力を削ぐのに最も適した場所でしょう。





「あそこの二人はもしかしたら不倫関係かもしれない…。」


「あのお婆さんは僕以外には見えていないかもしれない…。」






そう。本当に想像力の宝庫なのです。






しかし今の僕にはそんなことに


意識を使っている余裕はありません。





「第一声に何を言うか。」





それだけを考えなくてはならないからです。







友達に勧められた古臭い小説は


ただ文字を目でなぞっているだけで


面白いくらいに頭を通過していきます。






「さあ!そんな小説は早く閉じてイメージトレーニングに集中しろ!


できる!最高の第一声を君なら完璧にこなせる!」





頭の中でもう一人の僕が鼓舞します。





「わかった!今すぐこの小説を閉じて


最高の第一声の準備をするよ!」






しかし物事とは大体


絶妙に最悪なタイミングで運ばれるものです。





完全なメルヘン状態の僕の正面から


「お待たせー。」


という声が聞こえてきます。





完全なシナリオと前日の夜から考えていた


”計画的第一声何を言うか問題”は




「よっ、元気?」




という男子小学生の挨拶のような言葉で幕を閉じます。






人生というものは皮肉なものです。



考え過ぎないように生きたいのですが…











ごめんなさい。



そして、よろしくお願い致します。







(WEB SITE では最新情報の発信。

そしてこんな感じでブログを書いたり、

短編の小説なんかをWeb連載しようと思っています。

もう少ししたら、通販ページもオープンさせます。

他のツールでも告知はしますが、

チェックしていただけると幸いです。

お問い合わせも気軽にどうぞ。)




⚠︎括弧内の文章が一番大切な内容です。


68回の閲覧